忍者ブログ
操り人形は舞台の上だけにいるものじゃありません。生活の一部として楽しめるのです。

10月31日 明日から出発です

こんにちはいぬたびです。

明日から西日本編の自転車旅行を始めます。

旅をしていて一番恐ろしいのが目的がぼんやりして気力を失ってしまうことではないでしょうか、、、
そんな訳で今回はいくつか企画を立ててみようかと思うわけです。

では一つ目!
ハッピーバルーンプロジェクト!
 と、でかでかと書きましたがこれはナランハというジャグリングショップが企画しているバルーンアートのプロジェクトです。詳しくはコチラ

簡単に言うと、バルーンアートの教室や被災地のボランティアなど「無償で風船が人を支える活動」を扱う場合に限り、無料でバルーンを提供してくれるプロジェクトになります。

ナランハの方に「旅先で出会った人とバルーンアートで遊びたいの!!」って言ったら、許可して頂けたので、今回はバルーンも携えて旅してみまーす。どうなることやら。

二つ目
「操り人形で楽しく遊ぼう企画」
え、、、何をいまさら、、、と言った感じですが、今回は考察しながら遊び方を研究して文章にまとめていこうかと思います。
テーマは「趣味としての操り人形」

個人的に操り人形を楽しむという趣味の観点から、操り人形の遊び方を考えながら遊んでみたいと思います。

操り人形というだけもマイナーな分野なので、いや良く分からん(゜□゜;)

という内容になることが既に予想できるのに、さらに「趣味として」という更に世界を狭めるこの企画、、、一体どうなるのか、、、

しかし私は劇とかよく知らないのでここまで狭めないと書ける気がしなかったのですよね。


 ・・・

そして看板を新調。

たくさん撮った写真を使って看板を作成しました。わお、かわいいー


しかしホワイトボードは邪魔でしたが、私に様々な出会いを与えてくれば大事なアイテム。失くすには惜しい、
というわけでホワイトボードを縮小。

前回使っていたブラックボードのウラ面にホワイトボードを貼り付けて一人二役させることにしました。



PR