忍者ブログ
操り人形のいる生活を考える。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4話 ブリキの女の子 コントローラー編

こんにちは、いぬたびです。

操り人形作成編 コントローラー編です。

マリオネットのコントローラーというと木をバッテンに組み合わせた物を想像しがちですが、

こんなのだったり

こんなだったり

色々です。

今回は自作のコチョさんと同じ構造なのでコチョさんと同じコントローラーを作成します。(こんなの)

ぎこぎこ




できました


ちなみに下側のT字が頭用で上が手足と腰用のコントローラーです。

さてさて、接着剤が乾くまで糸がつけられないので今日はここまで、

次回は糸をつけで起動編でしょうか。

また来週。
PR

3話 ブリキの女の子 関節作成編

こんにちは、いぬたびです。
週間マリオネット、ブリキの女の子 関節作成編です。

本当は造形段階で関節を作れていれば、短縮できるのですが、粘土が柔らかいと歪んでしまうので、固まってから削っていきます。

今回はコチョさんに比べて関節が5個から11個という大増大しています。

多けりゃいい動きするわけではありませんが、新しい動きはできるはず。

足とか

腕とか

首とか


ジャジャン


では、今回はここまで

次回はコントローラー作成編ですね。
また来週。

2話 ブリキの女の子 彩色編

こんにちは、いぬたびです。
週間マリオネット、今週はブリキの女の子・彩色編です。

造形も出来上がりましたので色を塗っていきましょう。

色って難しいですよね。どうやってセンスを磨いていいのかわかりません。

綺麗なものをたくさん見るしかないのですかね?

まずは下塗りで濃いめの赤。防サビ材のイメージです。

そして金属光沢のある銀色。この色は下が透けないので、下地はあまり意味ありませんが、この先使い込めば、下地が徐々に現れ、打ち捨てられた公園の遊具のような雰囲気になる事を期待しています。

いや、その前に直してあげなさいという声もありそうですが・・・

と、言う訳で2度塗りして塗り終わりました。

どう?どう?

重量感ありますか?でもレディなので体重聞いちゃダメですよ。

さて、短めですが今回はここまで。
色が単色なので楽チン。手だけ色を変えたりしたほうがいいのかなあ?

次回は関節作成編です。操り人形にとって糸と同じくらい肝の部分ですね!

気合いれてまいりましょう。

また来週。

1話 ブリキの女の子 造形編

こんにちは。いぬたびです。

操り人形製作工房、造形編です。

今回も12〜14cmのミニマリオネットですけど、いつか大きい操り人形も作ってみたいですね。

さっそくデザインを元に作っていきましょう。

私は一発で美しく造形できないので、後から削れる粘土しか扱えません。

はい、できました。
(製作工程を撮影し忘れちゃいました)

ロクに設計図を作っていないので、積み上げて大きさを確認します。

うーーーーーん

うん、かわいい。合格。

表面を美しくするのが苦手なので、盛っては削ってを繰り返して、2週間くらいかかってしまうのですよね。

今回も目のデザインを大きく変更。球を半分にした形状で顔に貼り付けてみます。(※後から後悔することになるとも知らずに・・・)

横から見たときにわかりやすくて面白いと思ったのですが、糸が引っかかって非常に厄介です・・・)


何はともあれ完成!!

次は彩色ですね。

では、また来週。