忍者ブログ
操り人形は舞台の上だけにいるものじゃありません。生活の一部として楽しめるのです。

2/28 三溪園にはサルがいた

2月が終わる。辞める日も目前だ。

段々と時間ができてきたので、久しぶりに自転車を走らせることにする。

写真の練習もしたいので、梅の撮影に三溪園まで足を伸ばすことにする。
調べた所、距離はおよそ20km。ちょうどいい!


梅を撮りにいったら猿がいた。

まさかの猿回しに遭遇。
ナマの猿回しは初めていたが、猿回しとサルの掛け合いのタイミングがしっかりしている。

よろよろっと竹馬から転んでみたり、失敗したら足を引きずってみたり、ワザトラシイ演技で猿回しに叱られる様はかなりウケていた。

個人的は猿回しが後ろを向いている隙に大あくびして、客の笑いでバレてしまうシーンが最高に面白かった!

もちろん彼の本気は凄いもので、身長の二倍はありそうなバーを飛び越えた上に前転まで決めるシーンの盛り上がりは凄かった。

そんじょそこらの大道芸なんかよりずっと面白い。近場で見る機会があれば出向いてみようかしらー

PR